Photo album

着付けのコツ
2018-11-28 22:37:58
おはしょりの始末

 

 

自分サイズではない着物を着た時のおはしょり始末、

厄介ですね。

ちょっとしたコツを掴んで、

慌てず落ち着いて処理していけば大丈夫ですよ。

まず、腰紐を巻いたところから。

 

 

 

 

 

おはしょり2.JPG

 

最初に、

二枚になっているおはしょりを一枚にしていきます。

まず、下前を三角形に折り上げます。

写真は、わかりやすいように

上前を脱いでお見せしています。

 

 

 

おはしょり3.JPG

 

次に、

一重上げした三角形が落ちてこないように

紐で押さえます。

二枚のおはしょりが一枚になりすっきりしました。

 

 

 

おはしょり4.JPG

 

後ろのしわも、両脇に寄せました。

 

 

 

 

おはしょり5.JPG

 

前のおはしょりの長さを調整していきます。

帯の下線から5~7㎝くらい(体型によって調整)

を目安に、余り分を引き上げます。

 

 

 

 

おはしょり8.JPG

 

引き上げラインが決まったら、ピンチで仮止め。

 

 

 

 

おはしょり6.JPG

 

後ろのおはしょり。

ぐずぐずと、かなり余分なしわが出ていますね。

 

 

 

 

おはしょり7 (2).JPG

 

後ろに回り、 

前で決めたおはしょりの延長で、

後ろおはしょりの長さを前に合わせ、

同時に、

余分なしわを、右脇へ脇へと寄せていきます。

この時、

紐上の背中心がずれないように!

紐下背中心は、右脇に移動しても大丈夫。

 

 

 

 

おはしょり9.JPG

 

後ろのしわを、

前右脇のおはしょりの中に入れ込みました。

仮止めピンチを、前後重ねて止め直しします。

 

 

 

 

おはしょり10.JPG

 

おはしょりの出巾のすぐ上に伊達締めを巻きます。

一重上げを押さえた紐は、

無理に伊達締めで隠さなくてもいいですよ。

 

 

 

 

おはしょり11.JPG

 

後ろ。

 

 

 

 

おはしょり12.JPG

 

腰紐、胸紐、伊達締めなどの紐類は、

後ろ高 前下がりになるように巻いていきます。

 

はい、きれいにおはしょりが整理されました。

 

 

 

 

 

 

1